• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
自分のペースで安心 定期便サービス ディミヌについて 掲載メディア 取扱店舗一覧
電話でのお問い合わせご注文は通話無料0120-303-868 平日10:00~18:00※年末年始除く お問い合わせフォームへ
  1. HOME>
  2. お肌とカラダのビューティ講座

お肌とカラダのビューティ講座 Beautiful lesson on skin and body

第3回 ビタミンC誘導体

ビタミンCには、美肌効果やしわ・たるみの改善が
期待できる働きがありますが、弱点があるのも事実。
そこで開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。
その内容を知って、美肌作りに生かしましょう。

Q1.そもそも、「ビタミンC誘導体」ってどんなもの? A.ビタミンCを改良し、より肌によい成分となったものです。
「ビタミンC誘導体」とは?

たくさんのお肌に嬉しい効果が期待できるビタミンC。しかしビタミンCには、酸化しやすい、肌に吸収されにくい、長期間の保存が難しく安定性がよくないなど、多くの弱点があります。そこで登場したのが「ビタミンC誘導体」。ビタミンCを人工的に改良し、ビタミンCの弱点を補うことに成功しました。厚生労働省から認可された美白成分です。

ビタミンCと「ビタミンC誘導体」の違いは?
VC VC誘導体 イメージ図

両者の最も大きな違いは、肌への吸収のされやすさです。ビタミンCが肌に吸収されにくいのに比べ、「ビタミンC誘導体」は肌に浸透しやすい形に改良されています。そして「ビタミンC誘導体」は、肌に吸収されると酵素反応でビタミンCに変化するため、肌の内部で確実に効果を発揮することができるのです。

Q2.「ビタミンC誘導体」にも種類があるの? A.3種類あるので特徴を理解しましょう
  • ビタミンCに比べて8倍の浸透率、12時間の持続性があり、即効性に優れています。おもにローションに使用されています。

  • クリームやジェルタイプに使用されているもので、「水溶性ビタミンC誘導体」の3倍の吸収性、2倍の持続性をもちます。

  • 「未来型のビタミンC誘導体」と言われており、水溶性と油溶性の性質を併せ持ちます。抜群の浸透率と即効性があります。

Q3.「ビタミンC誘導体」の安全性が気になる…。 A.肌への悪影響は報告されていません

「ビタミンC誘導体」自体の大きな副作用や肌への危険性などは、現在のところ報告されていません。「ビタミンC誘導体」は、熱や光、水、空気に対して壊れにくいという性質を持ち、安定性や持続性に優れているため、安定性の低いビタミンCよりも安心して使えます。もちろん、どの化粧品にも言えることですが、すべての肌質に絶対に合うというわけではないので、肌のコンディションを見ながら使うようにしましょう。

Q4.「ビタミンC誘導体」にはどんな効果があるの? A.基本的にはビタミンCと同じ効果を期待できます。
  • シミの予防・くすみの改善

    メラニン色素の生成を抑制する作用があり、美白やシミの予防に効果があります。また、血行を改善して新陳代謝を高めるため、くすみの改善にも役立ちます。

  • 肌の老化防止

    肌老化の最大の原因は、紫外線などで生まれる活性酸素。強い抗酸化作用で活性酸素を除去し、老化遺伝子に作用して皮膚細胞の老化を抑制します。

  • しわ、たるみの解消

    コラーゲンの生成を促進して若々しい肌を作ります。さらに、角質の水分を保持する細胞間脂質セラミドの合成を促進する作用で、肌の水分を保ち、キメを整えます。

  • 妊娠線や肉割れの改善

    肌の弾力を保つたんぱく質のコラーゲン繊維の生成促進作用で、真皮のコラーゲン繊維が裂けて起こる妊娠線や肉割れの予防・改善が期待できます。

  • ニキビやニキビ跡を薄くする

    抗酸化作用や炎症を抑える作用がニキビ跡の赤みを抑え、皮脂を抑える作用がニキビ予防に効果的です。メラニン色素の生成抑制作用は、色素沈着も防ぎます。

  • 毛穴を引き締める

    過剰な皮脂分泌の抑制作用と角質のバリア機能を高める働きにより、毛穴を目立たなくします。また、コラーゲンの合成を促す作用により、たるんだ毛穴のひきしめにも効果的です。