平日13時までのご注文で当日発送、合計金額¥10,000(税込)以上で送料無料!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
自分のペースで安心 定期便サービス 掲載メディア 取扱店舗一覧
電話でのお問い合わせご注文は通話無料0120-303-868 平日10:00~18:00※年末年始除く お問い合わせフォームへ
  1. HOME
  2. >
  3. コラム
  4. >
  5. 自分でできる妊娠線の消し方|今より濃くしない方法もあわせてご紹介!
NOCOR コラム
- COLLUMN -

自分でできる妊娠線の消し方
今より濃くしない方法もあわせてご紹介!



そもそも妊娠線とは?

妊娠線とは、ストレッチマークとも呼ばれる赤紫状の筋線のことです。お腹にできるイメージが強い妊娠線ですが、太ももやバスト、お尻にできる場合もあります。


ママさんのお腹が大きくなる妊娠後期にできることが多いですが、出産後など急激に身体が変化するときにできてしまうこともあります。


妊娠線を予防するためにも、できてしまった妊娠線を薄くするためにも早めにケアすることが大切です。今回はそんな女性のお悩みのもと、妊娠線の消し方についてご紹介いたします。


妊娠線ができる要因3つ

お腹に入ったヒビのような妊娠線は、皮膚の深い部分が裂けてできたものです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されています。


身体が太ってしまった時に一番外側の表皮が急激に伸びて真皮や皮下組織が裂けて亀裂が入り、真皮の裂け目に表皮がひっぱられてでこぼこ状の妊娠線ができます。肉われも呼び方は違いますが、妊娠線と同じものです。


妊娠線ができる要因は3つあります。それは、急激な身体の変化とホルモンの影響、コラーゲンの減少に関係があります。ではその要因について詳しく解説していきましょう。


1:コラーゲン不足のため

ステロイドホルモンは妊娠すると多く分泌されます。このステロイドホルモンはコラーゲンの生成を妨げて、真皮のターンオーバーを抑制させる働きがあります。コラーゲンの生成が減少すると肌に弾力がなくなって、真皮や皮下組織での断裂が起こりやすくなります。


妊娠線を予防するために妊娠中は食事で積極的にコラーゲンを摂取しましょう。


2:コルチゾールが分泌されたため

妊娠前と比べて妊娠中はコルチゾールというホルモンが上昇します。コルチゾールは肌のハリや弾力の元になる成分を作る繊維芽細胞の働きを抑制し、コラーゲンの生成を防いでしまいます。 その結果、肌の弾力が失われて真皮や皮下組織が断裂を起こしやすくなってしまいます。


コルチゾールはストレスを感じると分泌するホルモンだとも言われているため、妊娠中はリラックスした環境で過ごせるように心がけましょう。


3:急に体型が変わったため

急激な体型の変化は妊娠線ができる原因で一番影響があります。お腹の赤ちゃんが成長すると急激に体重が増加します。妊娠後期はお腹がかなり大きくなるので皮膚の伸びるスピードに真皮や皮下組織は追いつけません。


母体や赤ちゃんの栄養面に気をつけつつも、急激に体重が増加しないように気をつけましょう。


産後ケアのお勧め3選

妊娠線ができる原因は急激な身体の変化や妊娠時のホルモンバランスです。予防用のクリームでケアするにも限界がありますが、気にしすぎてもストレスは溜まるものです。産後に取り組みたいこと3つをご紹介します。


1:肌を潤す

まず肌にたっぷりの潤いを与えて肌の乾燥を防止することは肌ケアの基本です。


肌にしっかり浸透して保湿できるヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど保湿成分がしっかり配合されているものを選びましょう。


2:マッサージを施す

妊娠線の消し方にはマッサージも有効です。保湿力のあるクリームやオイルは皮膚に負担を掛けないのでおすすめです。下腹部から上方向に優しくゆっくりなでるようにマッサージし、お尻や太もも、バストも同様に優しくマッサージしましょう。


出産直後の皮膚は敏感になっています。マッサージに使用するクリームは事前にかぶれないか確かめてから使用しましょう。


3:新陳代謝を高める

新陳代謝を高めてターンオーバーを促すのも妊娠線の消し方では大切です。肌が正常に生まれ変わると妊娠線も生まれ変わるため完全に消せなくとも薄くできます。


質の良い食事や運動、睡眠が大切です。代謝を高める食材の抹茶や豆類、生姜を積極的に取り入れましょう。また、産後の身体は免疫力が落ちていてとてもデリケートな状態なので身体を冷やさないように工夫しましょう。


美容クリニックでできる妊娠線の消し方

できてしまった妊娠線の消し方として美容皮膚科や美容外科などの医療機関で治療するという方法があります。美容クリニックの治療は費用がかかりますが、その分効果的な治療が期待できます。産後の生活に慣れて少し落ち着いたら検討するのもいかがでしょうか。


ピーリングの場合

妊娠線の消し方に美容皮膚科でケアするピーリングがあります。ピーリングでの治療方法は専用の薬剤を塗布してマッサージし浸透させ、薬剤のピーリング作用で真皮に働きかけて組織の修復やコラーゲンの生成を促進させます。

肌質によっては合わない場合もあるので事前にクリニックに確認してから施術しましょう。


レーザー治療の場合

完全に消すのが難しい妊娠線をどうしても消したいなら皮膚科を受診するのも一つの手です。日本ではあまり知られていませんが、海外では妊娠線の消し方としてレーザー治療が行われています。レーザー治療は高額な分、短期間で効果が出るのでおすすめです。


今より妊娠線を濃くしない方法

妊娠線をこれ以上濃くしないようにするためには、肌を顔の皮膚のように優しく扱ってあげるのが大切です。肌の乾燥を防ぐために強くゴシゴシと洗うのは避けて泡で身体を包むように洗いましょう。 また、入浴後は身体を優しくタオルで拭き取って、肌の乾燥を防ぎます。


そして、仕上げに保湿力の高いクリームを使用して肌を潤しましょう。妊娠初期から意識してお腹や胸にクリームを塗ってケアしてあげるのも大切です。


自分でできる産後の肌ケアを知っておこう!

妊娠線は誰にでもできる可能性があるものです。妊娠すると自分の身体が急激に変化するためママさんの不安も大きくなってしまうものです。妊娠線ができても地道にケアして最小限に抑えましょう。


妊娠クリームは安心・安全で作られているものが多いので、産後ケアや赤ちゃんに使えるものもあります。妊娠中に一本持っておくと便利でしょう。

監修 ノコア プロフェッショナルアドバイザー
医療法人社団マザー・キー 理事長 杉本 雅樹 先生

筑波大学医学群卒業。筑波大学付属病院等の勤務を経て、
2005年9月にファミール産院たてやまを開院。現在は、
千葉県内に複数の産婦人科施設を運営し、地域に根差した医療を展開。

オススメアイテムはこちら
recommended

浸透ケアセット ノコア アフターボディトリートメントクリーム、ノコア ヒートブースターボディマッサージ VCオイル 詳しい説明はこちら
妊娠中・授乳中の方は ファーストケアセット ノコア アフターボディ
トリートメントクリーム、ノコア ファーストボディトリートメントオイル  詳しい説明はこちら
\ノコアの購入 初めての方限定!/
クリームとオイルのセットが
初回¥2,980でお試しできるキャンペーンはこちら
肌悩みゼロオイル半額キャンペーン