• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
自分のペースで安心 定期便サービス ディミヌについて 掲載メディア 取扱店舗一覧
電話でのお問い合わせご注文は通話無料0120-303-868 平日10:00~18:00※年末年始除く お問い合わせフォームへ
  1. HOME>
  2. 妊娠線Q&A>妊娠線とは
 
タイトル
 

Q1.妊娠線って何?原因は?

Answer.

<妊娠線とは>

「妊娠線」とは急激な体の膨張で引っ張られた皮膚が真皮まで裂けてしまい、結果として赤紫色や白色の線が出来てしまう症状です。
皮膚が伸びるほどの体の膨張は妊娠期間だけでなく、成長期や肥満、さらにはステロイドを長期間取り込んだ人間にも当てはまりますが、妊娠中や、産後以外で出来た断裂線は「肉割れ」と呼ばれています。
別名で「線状皮膚萎縮症」や「皮膚伸展線条」という皮膚の病気として分類されています。ちなみに海外での呼び名は「ストレッチマーク」です。 これらのメカニズムは難しいものではありません。

<妊娠線ができるメカニズム>

皮膚は表皮と真皮、皮下組織の三層によって成り立っています。体が膨張した場合、この三層全体が伸びていくわけです。表皮はある程度の膨張に耐えられますが、真皮と皮下組織は表皮とは違って伸びにくい特徴を持っています。
よって膨張に耐えられなかった真皮と皮下組織の一部つまり弾性繊維が裂け、亀裂の跡を残してしまうという考えが定説です。
特に妊娠線は肌の機能が衰える妊娠期間という事もあって発症しやすいと言われています。 妊娠線が現れるタイミングは妊娠5か月から7か月ほどです。

丁度お腹が大きくなる期間で、でき始めは赤紫色の線が現れます。画像ではお腹の表面に赤紫色の線が現れているものが一般的ですが、人によっては太ももやヒップなど体の様々な部位に出来てしまう人もいるのでその線の数や状態、現れる部位、いつからできてしまうか、などは個人差があります。
これは妊娠線および肉割れのメカニズム上、が条件を満たしてしまえば体のどこにでも起こる症状だからだと言えます。

 
 
妊娠線・肉割れQ&A コンテンツtopへ
オイル無料&ノベルティプレゼントキャンペーン