平日13時までのご注文で当日発送、合計金額¥10,000(税込)以上で送料無料!

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
自分のペースで安心 定期便サービス 掲載メディア 取扱店舗一覧
電話でのお問い合わせご注文は通話無料0120-303-868 平日10:00~18:00※年末年始除く お問い合わせフォームへ
  1. HOME>
  2. 妊娠線Q&A>妊娠線ができやすい人
 
タイトル
 

妊娠線ができやすい人

妊娠線は初めての妊娠では50%から60%の割合でできやすいとされます。また二人め以降は80%に跳ね上がります。また妊娠中の時期に必要以上に太ることも原因になるとされています。

妊娠線ができやすい人の特徴として妊娠中に急激に体重が増えた場合はもちろん双子など多胎妊娠のケースや小柄で皮膚の面積が狭い傾向だったり肌が乾燥しているなど皮膚の柔軟性が低い傾向だったり冷え性のであるとできる確率が高くなる傾向です。例えるなら風船で最初に膨らませしぼませるのは元に戻りやすいが何度も膨らませたり大きく膨らませるとしぼんだ後がシワが寄ってしまう理屈です。また妊娠に限らずふくよかな体から激ヤセした場合も皮が余ってしわになることとも共通する状態です。また遺伝でなることもあるので身内にできた人がいたら血縁者もなる可能性が高い点です。

妊娠線ができやすい体になる傾向の具体的な要因として皮膚組織の弾力がなくなることが挙げられます。これは脂肪や筋肉が急に増えたことで皮膚が引っ張られて伸びその伸びについていけなくなることによります。その結果皮下組織に亀裂が生じて妊娠線に至ってしまいます。若い頃であれば伸縮性があるので線ができずに済むケースがあります。しかし小柄な人はそのぶん皮膚の面積に対する負担が大きいのでできやすくなります。初めての出産であっても高齢出産の場合加齢で皮膚が衰えているのでより線ができやすくなります。

妊娠線は確実になくす方法はまだ見つかっていません。しかし対策をすることで防ぐことは可能です。その手段としては真皮や皮下組織に潤いを与えて柔軟性のある肌にすることが大切です。また妊娠中は血行が悪くなりがちであるので血行も良くすることも必要です。血流が悪いところは妊娠線になる恐れがあるからです。よって妊婦さんであっても適度な運動をして血流をよくしたり筋肉をあまり減少させないようにする習慣を持つことです。同時に十分な体重管理をすることで必要以上に皮下脂肪をつけない点も線を作らないための対策となります。
妊娠線・肉割れQ&A コンテンツtopへ
肌悩みゼロオイル半額キャンペーン